受講規約

本受講規約(以下「本規約」という)には、Seo Total Academyが提供するセミナー及ぶ講座(以下「本講座」という)を受講するにあたっての貴方と当会との間の契約条件が規定されています。

第1条 本規約の範囲および変更
  1. 第2条に基づく本講座の申込を当会が承諾した全て受講者(以下「受講者」という)は、当会のホームページの受講申込フォームにて本規約画面の「同意する」ボタンをクリックし、お申し込みすることにより、本規約の内容を承諾したものとみなされます。
  2. 当会は、受講者に通知を行うことにより、本規約の変更又は細則の制定をすることができるものとします。但し、当会ホームページへの掲載により通知した時点からその効力を生じるものとして、受講者に適用されます。
第2条 お申込み
  1. 本講座の受講希望者(以下「受講希望者」)は、当会ホームページの受講申込フォームにて規約に同意の上、受講を申し込むものとします。
  2. 前項の受講申込後、受講希望者は当会から「受講申込確認・入構金及び受講料のご案内」の通知を受けた後、1週間以内に本講座の入構金及び受講料を納入するものとします。
  3. 入構金及び受講料の入金確認後、当会は受講申込を承認した場合、登録済メールアドレスに「受講受付完了承認」を送信します。さらに当会は、専用サイト閲覧の為の「ID・パスワード」を発行し送信するものとします。受講希望者はこの通知をもって受講手続が完了し、受講者として承認したものとみなされます。
第3条 入講金・受講料のお支払い方法
  1. 受講者は、入会金及び、当会ホームページが掲示する各受講プログラムの募集要項に基づき受講料(以下、「受講料」という)を支払うものとします。なお、入会金は初回受講時のみお支払いいただき、その後、各種コース受講で期間があいても発生致しません。
  2. 受講料には、基本的に本受講プログラムの受講料、本受講プログラムに付随するテキスト等の資料代が含まれます。
  3. ただし、各受講プログラムの募集要項ごとに受講料が定められており、受講料に含まれていることを明示しない費用については、受講者の負担となります。
  4. 入会金及び受講料、その他の費用等の支払いは、原則一括前払い、「銀行振込」、「PayPalによるオンライン決済」とし、手数料が発生した場合は受講者の負担とします。尚、受講料納入後、理由を問わず返金は致しませんのでご了承くださいませ。
  5. 領収書は取扱い金融機関等の振込み、オンライン決済の受領書をもって替えさせていただきます。
第4条 受講講座の変更・中止、補講
  1. 自然災害、交通機関の運休、当会の事情、及び第6条第1項の定めの通りやむをえない事情により本講座の中止等、日程変更、本講座の会場変更等になる場合がございます。
  2. 受講者の都合により本講座に出席できない場合において、当会が認める場合は、別の日程をもって個別にて同一の内容の補講を受けることができます。ただし2項目15,000円の補講料が発生します。
  3. 本講座プライベート受講者の日程変更や欠席の場合、15,000円の取消料が発生します。前項同様、当会が認める場合は、別の日程をもって個別にて同一の内容の補講を受けることができます。ただし2項目15,000円の補講料が発生します。
  4. 受講者の都合による欠席については、受講料の返金は一切致しません。
第5条 禁止事項・受講資格の取消

受講者がインスタグラム、ツイッター、LINE、Facebook等ソーシャルメディア(以下、「その他SNS」)を利用して行う場合も含め、下記の行為は禁止事項となりますので、ご注意してください。尚、受講者が下記の禁止事項に該当する場合、該当することが判明した場合、直ちに当該受講者の受講資格を停止、又は将来に向かって取り消すことができるものとします。

  1. 当会または本講座において提供される著作権、財産権等その他の権利を侵害する行為、及び侵害するおそれのある行為
  2. 当会または本講座から提供される文書、画像、映像、サウンド等の情報(以下、「情報等」)について、複製・公開・送信・配布・譲渡・貸与・翻訳・翻案・転載・出版・販売・再利用・使用許諾等を行う行為、及び情報等について営利を目的として利用する行為・営利の準備を目的として利用する行為、他の受講者や第三者に対してネットワークビジネスの勧誘、その他これらの勧誘とみなされる一切の行為
  3. 他の受講者、第三者または当会に迷惑・不利益もしくは損害を与える行為、及び与えるおそれのある行為
  4. 受講者が虚偽の申告行為、規約およびその他法令違反した行為
  5. 当会が不適切と判断される行為
第6条 損害賠償・免責事項
  1. 本講座、受講者限定のコンテンツ提供や当会が提供するサービス等は下記の事項に該当する 場合、本講座または運営の中止、中断、停止、廃止、遅滞、会場・日程変更できるものとし、その際当会は、受講者または第三者に対し一切責任を負わない、入会金、受講料、その他受講費用等についても返金しないものとします。
    1. 戦争、暴動、騒乱、労働争議、地震、噴火、洪水、津波、火災、停電、感染症曼延その他の非常事態、政府からの緊急事態宣言等により本講座・当会のサービスの提供が通常通りできなくなった場合
    2. 本サービスのシステムの保守を定期的にまたは緊急に行う場合
    3. 通信事業者のサービスの中止・中断・変更等があった場合
  2. 当会・本講座に起因または関連して、当会、その他の受講者、第三者に対して損害を及ぼした場合、受講者は一切の損害を補償するものとします。
  3. 当会・本講座に起因または関連して、受講者と他の受講者、その他の第三者との間で紛争が発生した場合、受講者は自己の費用と責任において当該紛争を解決するとともに、当会に生じた一切の損害を補償するものとします。
  4. 当会は、受講者情報、受講者同士のやりとり等につき、如何なる目的においても監視する義務を負わないものとします。
第7条 準拠法 専属的合意管轄裁判所
  1. 本規約の準拠法は日本法とします。
  2. 本規約または本講座に関連する一切の紛争については、当会の所在地を管轄する裁判所、名古屋地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

施行日:令和02年04月01日
改訂日:令和03年03月20日